「沖縄の心が伝わり上等さ−」と評価されることを祈りながら・・

糸満コミュニティFM放送「FMたまん」では、糸満市上映の宣伝をお願いしてきました。

代表取締役の大城さんや会長さんやスタッフの対応もとても良く、心に残る訪問となりました。
なんとか3月には、ラジオを通して映画上映のご案内が出来そうだと実感した次第です。

また、クライマックスシーンで流れる「サンゴぬファーの物語」(歌:内里美香)(作詞・作曲:井上ともやす)のCDもお持ちのようで、美香ちゃんの歌声と共にラジオから流れたらこの上ない喜びです。♪(*^・^)ノ☆
井上さんも、ギターを持って映画出演します。

「FMたまん」は、もうすぐ開局10年になるそうですが、地元を大切にしてきた結果、糸満市民にも愛されて、しっかり地域に根付いていることも感じ取れました。

写真は、3月24日(土)に上映を予定している会場(糸満市環境改善センター)です。
今日の沖縄は気温が低く、たぶん12℃くらいしかないかと思います。いつもお世話になっています山城師範も、夕方になると少し寒そうでしたが本当に感謝の一日となりました。
糸満会場の中を見ているうちに、満席のイメージが湧き出てきました。

1 comment to 「沖縄の心が伝わり上等さ−」と評価されることを祈りながら・・