『となみヤングパワープロジェクト』 始動します!

花王・コミュニティミュージアム・プログラム2010」にF-siteのプロジェクトが採用され、
2010年10月1日からの1年間、花王㈱様から助成していただいて、
新たな活動ができることになりました!

 

4月の初め頃でしたか、なにかの折りに砺波高校の西野先生から、

 「高校からすぐ近くに、とてもよい美術館(砺波市美術館)があるのに、
  一度も行ったことがないという生徒があまりに多い。
  もっと、子どもたちが美術や地域と関わる機会を増やしたい!」

とのお話をお聞きしたことが、このプロジェクト、
 『となみヤングパワープロジェクト』  の立ち上げのきっかけとなりました。

 

砺波高校の生徒たちが
砺波市美術館と、美術館で行われる企画展などの紹介映像を制作、発表したり、
地域の人と一緒に行うワークショップなどの企画を提案したりしようというものです。

 

「花王・コミュニティミュージアム・プログラム」のホームページには、
推薦理由(助成番号10-1-08)として、

「高校生という少々アプローチの難しい対象に対し、美術鑑賞の意義や効用を説くのではなく、
 映像によるプロモーションに手を貸してほしいと語りかけるアイデアは卓抜である。」

なんて書いていただいて、メンバー一同大喜びです^^
そうそう、そうなんですよ、F-siteがやりたいのは、
「上から教える」んじゃなくて、「一緒に創り上げて」いきたいんです♪

 

早速、発起人である砺波高校の西野先生、
エフサイトの稲林さん、相本さんと一緒に、砺波市美術館にお伺いして、
これからどうやってプロジェクトを進めていこうか、というお話合いをしてきました。

 そこでもいろいろといい意見が出ましたが、
まずは高校生と一緒に、この美術館を “知る” 機会を設けて、
それから何ができるか、みんなで “考えよう” ということになりました。

10月5日の夕方に集まります。またご報告しますので、お楽しみに!

 

f7b33536081b69bb87a23b37d11d2198

コメント受付終了しました