今晩は、恩納村「おきなわ道楽」での上映会です!

珊瑚礁の海に囲まれた沖縄県では、貝塚時代から琉球王府時代の生活した遺跡が数多く見つかっています。

先週も、ある発掘現場に行きましたが、600年以上も昔の発掘調査をされているのを目のあたあたりにして、改めて琉球の歴史のものすごさと神秘性を感じています。

世界遺産「中城城跡」に戻って城跡を眺めていると、重機や電気のない時代にこんな素晴らしいグスクが建造出来たということは、何事も成し遂げられるという気持ちにもさせられます。

やりたいことでも、ハードルが高いと色々な問題点を出して「ムリかな…」という否定から入ることで、困難だらけでモチベーションまでもが下がってしまいます。
このグスク(城)に足を運ぶ度に、強い信念を持ち続けて成し遂げる大切さに気づき、パワーを頂いてます。

そういえば、昨年の映画ロケ現場になった沖縄市営体育館の大きなスタンドを見たときに、大勢の観客が集まる場面をイメージして、絶対に集まるとの信念を持続させながら、多くの課題をクリアしていくことで、動かせないと思っていた大きな石も、大丈夫さーと楽天的な素晴らしい協力者の方々と共に動かせたような気がしています。

あの時も「無理だろうなあ、もっと小さな会場で・・・」と否定的発想と問題点から入っていたら実現することはなかったことと思います。
大きなリスクを覚悟の上、映画製作を決断した稲林総指揮の強い思いと、それを受けた桑原監督の情熱、キャストやお世話になった方々とスタッフの高い志があったからこそ完成することが出来た映画です!

さあ今日は、恩納村にある「おきなわ道楽」での上映会です。上映会は午後8時、開店は午後6時です。

おきなわ料理を堪能しながらの上映会も初めての試みです。50名の集客が目標ですが、「良かったよ」と喜ばれることが一番の収穫です。
当日の受付ももちろん大歓迎です。

コメント受付終了しました