島人の心

クリスマスの昨日、映画風之舞に出演(セリフなし)してくれた娘(写真中央)と、童神の生みの親の古謝美佐子さん・作曲家でもあり古謝さんのご主人でもあります佐原一哉さんへ挨拶に行ったところ、なんとBEGINの比嘉栄昇さんがご一緒されていたのです。

古謝さんや佐原さんもそうですが、比嘉さんもとてもお人柄が良くて仲間をとても大切にしていることや、温かい人情を持ち続けていることを感じ、感銘を受けてしまいました。

皆さん、島人の宝の歌詞そのもので、島人の心を大切にされていることを肌で感じ、教えられます。

そうそう、実は先週末、岡山大学教授の三浦先生から、「来年3月に第5回岡山―グアム・フレンドシップ・プログラム(案)を開催するにあたり、グアムの小学校の子ども達が歓迎のダンスを教えていただく予定になっていて、日本からは、古くからある遊びの紹介と、三浦先生の大好きなBEGINの「島人の宝」の歌をプレゼントしたいから、英語バージョンがあれば教えてもらえないだろうか」と依頼があったばかりでした。

人伝えか、または直接会って話しができればと思っていた矢先のことだったので、こんな偶然(必然?)ってあるのかなあと思いながら、帰りの車の中で「古謝さん佐原さんに感謝だね、サンタさんもありがとう」って手を会わせていました。

そしたら、娘「お父さん、信号青になったがに早よいかれ・・・!!」
「・・・・・・」

たしか、明後日28日(金)11時半からテレビ東京系列で、話題の「Aloha!未来〜ハワイの心ホクレア号日本へ〜」感動ドキュメンタリー番組が放送されますが、テーマソング「ホクレア」は、BEGINの歌で、想像するだけでも目頭が熱くなってきそうです。
東京の友人に、録画頼もうかなぁ・・・。
「願えば叶う」昨日の教訓でした!

コメント受付終了しました