水上は無事帰国しました

ニュージーランド滞在期間より、フライト時間の方が長かったのではないでしょうか?
とにかく、長い長い旅を終え、わたくし水上は無事に帰ってまいりました。

オーストラリアもそうだったようですが、ニュージーランドも広大でした。
僕が撮影していた場所は、「ロード・オブ・ザ・リング」や最新版「キングコング」を撮影していた場所で、
その風景はそれはそれは圧巻でした。

現地は夏、南極にも近いからでしょうか白夜なんですね。
朝7:00くらいにホテルを出発してから、なんと夜の9:00くらいまでDAYシーン(昼間のシーン)が撮れるわけです。

それはハードでしたね。だって、ぜんぜん暗くならないから時間が止まっているようなおかしな感覚にとらわれるんです。
そしてただただ異常に疲れるんです。
遮るものがないから風は砂煙を上げて吹き荒れるし、雨は突然降るかと思えば、紫外線は容赦なく皮膚を突き刺します。
いやあ、自然ってすごいですね、ホント驚きました。

今回僕が出演したプロデューサーが言ってましたね。
「ここでしか撮れないものをとらなきゃね」と。

今回の風舞もそうでしょうね。
「沖縄でしか撮れないもの。僕らでしか出来ないものをつくらなきゃね」

そんなことをふと考える帰国1日目でありました。

コメント受付終了しました