砺波市美術館でのワークショップ:3年目の活動本格始動!

となみヤングパワープロジェクト 3年目の活動は、
砺波市美術館で開催される展覧会に関連して、
その作家や作品をテーマにした朗読劇の制作・上演を行う計画です。

null

この日は砺波高校放送部の生徒たちと砺波市美術館に行って、
学芸員の末永さんから
来年度展覧会を予定されている2人の作家について、
作家の生涯や作品のこと、その背景など、いろいろと教えていただきました。

人間的にも素晴らしく壮絶な人生を送った2人の作家、
昭和の写真家「土門拳」と、
105歳まで活躍した女性日本画家「小倉遊亀」。
朗読劇のテーマ候補としてもふさわしいのでは、と、
末永さんが推薦してくださいました。

生徒たちは、初めて触れる作家の人生とその作品に圧倒され、戸惑いながらも、
末永さんのお話に、真剣に耳を傾けています。

null

「一人の作家の半生を描くのもよいけれど、
 1つの作品からインスピレーションを受けて物語を紡ぐこともできますね。」
小野田館長やオブザーバーの相本さんからもアドバイスをもらいました。

null

これから、
スケジュールのことも考えながら、どちらの作家の、なにを描くのか、
美術館でお借りした資料を持って学校に戻り、
他の部員たちとも相談しながら、決めていくことになります。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)