8/23藤ノ木幼稚園で「11匹のねこ」公演:富山第一高校放演部

8月23日(土) 富山市藤木にある「藤ノ木幼稚園」で、
富山第一高校 放送演劇部の皆さんが、演劇『11匹のねこ』を上演しました。

歌あり笑いありのとっても楽しい舞台で、小さな子ども達もみんな、お兄さんお姉さん達の演技を夢中になって観ていました。劇中に登場した大きな魚は、第一高校美術部の作品で、背中のうろこは藤ノ木幼稚園の子ども達がみんなで作って貼り付けたのだそうです。
藤ノ木幼稚園は開演30周年なのだそうで(おめでとうございます!)、園内では大学生や地域の方が参加してのワークショップや絵画展など、いろんなイベントが用意されていて、卒園した子も含めてたくさんの子どもや大人でにぎわっていました。

 

そんな中、同部員の開くんがドキュメンタリー工房の作品のために上演の様子を撮影していました。
インタビューもできたかな?
ドキュ工房参加校のうち、呉羽高校と第一高校は、放送部と演劇部の両方の活動をする放送演劇部です。第一高校の部員のみんなは、夏休み中はこの舞台「11匹のねこ」の練習にかかっていたので、今から9月末にある演劇部の地区大会に向けて、脚本作りや練習で大忙しなのだそうです。
高校生はみんな忙しいんだなぁ・・・。
富山第一高校の皆さん、お疲れ様でした~!

 

藤ノ木幼稚園の先生方にも、お世話になりました。舞台と撮影の様子を見せてもらおうとお邪魔した私にまで、幼稚園のオリジナルTシャツを頂いて感激です!ありがとうございました!

藤ノ木1藤ノ木2藤ノ木3藤ノ木4藤ノ木5

コメント受付終了しました