親不知

富山県と新潟県の境、その名も「親不知(おやしらず)」。
写真は、進行方向向かって左側、すぐ横を日本海です。
右側が険しい山で、
昔、越境する道がここしかなく、高波の間をすり抜け、山腹にある岩陰まで走っては隠れ隠れては走りを繰り返した際、親子が離れ離れになったことからついた名称です。

コメント受付終了しました