12/14 砺波市美術館、高校生の企画会議

12月14日、砺波高校放送部の生徒たちが、
砺波市美術館での展示会の企画について、学芸員の末永さんと会議を開きました。
生徒が自分達で、末永さんにご連絡して、時間を取ってもらったのです。

話し合った企画は、
 「1つの展示会を私たち(高校生)中心でつくる」  というもの。

・今のところ希望は「ドアノー」という写真家の写真展で、
 開催期間は未定ですが、次に集まる時にスケジュールを調整して、決定する予定です。

・同じ砺波高校生に美術館、展示会を広めたいので、学校での広告方法も考えてみます。

・そのほかケーブルテレビや、コミュニティラジオなど、広告の方法も考えてみます。

という報告をしてくれました。
(実際にはもっと細かく報告してくれたんですよ)

というのもですね、実は、事務局花田はこの時、
「とやまNPOチャンネル」の番組テープをお届けに回っていたため、
砺波市美術館に到着した16時35分には、ちょうど会議が終わっていたのです。
ごめんねみんな(T_T)

でも、こうやって、ちゃんと話し合って、しかも報告までしてくれた高校生には、
本当にうれしくて、また、感謝と同時に、とっても頼もしさも感じたのでした。

会議終了後には、実際に展示されている会場を見せてもらったり、
市民ギャラリーで行なわれていた写真展で、
展示作品の作者さんからお話を聞かせてもらったりしました。

これから、企画を実現するプロセスの中で、彼らがなにを見せてくれるのか、
とっても楽しみです。

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)