8/6 雑木囃子の会(森林総合支援センター)訪問

CIMG3031minCIMG3048minCIMG3050min

 

 

 

8/6 先日行ったワークショップで、活動紹介をしていただいた、
雑木囃子の会(NPO法人森林総合支援センター)の鶴巻さんのところへ
ごあいさつに行ってきました。
そこに、急遽、砺波高校放送部の生徒さん達3人にも、同行してもらいました。

今後、エフサイトが鶴巻さん達の活動の
企画書作成のお手伝いをするための打ち合わせ(インタビュー)も兼ねていたので、
高校生がその場に同席することで、

①鶴巻さんの団体(NPO法人森林総合支援センター)の
 活動や団体の目指すところ等を知ってもらう
②インタビューや取材を通して、
 番組を作っていく(企画構成する)とはどういうことか感じてもらう
③NPOの人達が普段どういう地道な活動をしているか知ってもらう
④生徒たちも疑問に思ったことなどを質問し、会話に参加してもらうこと

などが目的でした。

・理事長のインタビュー   = 高校生の今後の取材対象へのインタビュー
・聞き取って企画書を作成 = 編集しドキュメンタリーにすること
・企画書をみてもらう     = そのドキュメンタリーを観てもらい、
                    伝えたいことを感じてもらう

 ということと同じであると、最初に高校生に伝えたのちに、
 実際のインタビューに参加してもらいました。

参加した高校生は、急な企画参加だったにもかかわらず、
とても興味を持ってたくさんの質問や
自分の意見なども話してくれました。

私から見ていた感じだと、
高校生に一緒に行ってもらってよかったなぁと思いました。
一緒行った高校生は、どう感じていたのかな?
また聞かせてもらおうと思います。

この日は、ミーティングの様子の撮影や、
雑木囃子の会のみなさんが手作りされたログハウスも見学させてもらいました。

コメント受付終了しました