9/1 高校生の朗読劇「義仲と巴」上演しました!

9月1日
高校生による「義仲と巴」の上演が無事に終わりました。
(高校生による富山の史実朗読劇プロジェクト)

3月の発表会の時から、3年生の引退や新入生の参加などで
メンバーも一部入れ替わり、また、卒業したOGの参加もあり、と、
装いも新たに、
富山国際会議場で行われた「義仲・巴交流フェスタ!」に臨みました。

当日は朝9時に会場集合!

京都から駆けつけてくれたOGもいたし、
福野・福光など遠方から参加の高校生たちは
朝7時に出発したそうです(大変><)が、
全員無事に元気に集合してくれました^^

9:10
朝の発声練習から。声出しは重要だよねv

9:30
相本さん指導のもと、ステージでのリハーサルです。

発表会以来、4つの学校が揃って合わせるのはもちろん初めて。
夏休みだったため、学校によっては、
全員で練習できなかった、というチームもありました。

事務局はドキドキで、ちょっと心配でしたが、

新加入の1年生も感情を込めて読んでいたし、
ブランクがあったOGも、
昨年から引き続き同じ役をやった子たちも、
さらにグレードアップして、
3月よりも情感たっぷりに堂々と聴かせてくれます。

これなら本番も安心!

14:00
いよいよイベントが始まりました。
会場はたくさんの義仲巴ファンでいっぱいです。
巴太鼓披露のあと、
県知事から「義仲巴で大河ドラマ誘致を!」というアツい挨拶があり、
NHKの屋敷プロデューサーの講演を、
みんなで楽しく聴かせていただきました。

15:30
別室に移動して、最終確認。

兼生尼役の谷口さん(砺波高校)は、
矢倉先輩からかぶりものの付け方を伝授してもらってきたそうです。

16:00
舞台裏へ移動
大きな会場だし、客席もいっぱい、きっとみんな緊張してるだろうな。
と思ったら。

富山国際会議場は、
先日の高総文祭で放送部門の会場だった場所なので、
放送部のみんなにとってはホームみたいなもの♪
終始落ち着いて和やかに、舞台裏でもみんな笑顔でした。

16:15
いよいよ、朗読劇「義仲と巴」の幕が開きます!
(国際会議場には幕はないけどね^^;)


前回よりもずっと広い会場で、たくさんの方々に聞いていただきました。
とっても静かに聞き入っていらっしゃいましたが、
反応はどうだったんだろう…?


終演後、ご覧くださった方々から、
「とっても良かったよ!」「楽しかった」との声を聴かせていただき、
一同ほっと一安心です。

もし、ご覧くださった方がいらっしゃったら、F-siteあてにぜひ、
出演した生徒たちへのメッセージをお寄せください!


結束してひとつの舞台を作った27人の精鋭たちは、
きらっきらした笑顔で、再び県内各地へ散らばっていきました。
また集まってなにかやりたいね^^
がんばってくれた高校生のみんな、それを支えてくださった先生方、
ありがとうございました!

そして、今回の上演に際しまして、ご協力くださったたくさんの方々に、
心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

このプロジェクトは、
柏岡精三記念基金と富山県知事政策局様のご協力で実現したものです。

special thanks:
今回の上演実現にご尽力くださり
当日も応援に駆け付けてくださったZさん、
ありがとうございました!

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  

  

  

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)