この1週間で。

沖縄ではkomeさんが3月に沖縄各地で上映会をするべくがんばってくれています。
一方こちら富山では、「高校生ドキュメンタリー工房」の活動が大詰めです。
都度アップできなくてごめんなさい汗

◆1/25は呉羽高校で、ドキュメンタリー作品の編集をがんばっている生徒さん達とお話しして来ました。
呉羽高校は放送部と演劇部が1つになった「放送演劇部」なので、その特色を活かして、ドキュメンタリーの前後にドラマを絡めた構成で進めているそうです。
いろんな工夫をしながら楽しく活動してくれているようで、お話していてこちらが元気をもらいました。

◆1/28には第4回高校生ドキュメンタリー制作実行委員会で、発表会の内容について話し合いました。
発表会は楽しく和やかな雰囲気にしたい、作品の仕上がりの良し悪しではない“何か”を感じ取ってもらえたらと、いろいろな意見が交わされました。
この会議での結果を元に、いよいよ具体的に発表会の準備を進めていきます。

◆1/30は不二越工業高校で、いままでに撮影した映像をもとに作品の完成に向けてこれからどうやって進めていくか、みんなと一緒に考えてきました。
メンバーはいつも美術部やロボット制作の活動をしている生徒たち。生徒のみんなが大好きな酒井先生をクローズアップ、先生がいつもどんな風にお仕事されているのかを取材しているそうです。普段なにげなく接している「先生」の存在を取材することで、どんな発見があるのか。はじめてカメラを持った彼らが、どんな作品を仕上げてくれるのか、とても期待が高まります。

コメント受付終了しました