教科書検定意見撤回県民大会

今日は、春の先発大会に向けての高校野球大会も、沖縄県高野連の計らいで「教科書検定意見意見撤回を求める県民大会」のため、午前中の試合だけにして、当大会に参加できるよう配慮された結果、多くの高校球児が会場に足を運んでいるようです。

我が家の長男も明日四強をかけての試合があるのに関わらず、15人の部員とともに会場にいるとの連絡が入りました。
幼少時代から、沖縄戦では島民の4人に1人が犠牲になり、また多くの島民が日本軍によって残酷な殺され方をしたり、強制的に自決をさせられたとしたと、また島民の食糧を奪ったり、泣く赤ちゃんが殺されることもあったと学校の先生や祖父母などから聞かされていました!

戦争で犠牲になった方々、あまりにも悲惨な沖縄戦を体験された方々のことを思うと悔しくて悲しくて、怒りがこみ上げるばかりです!

現在、会場の人数が12万人を超えたとの発表がありました。
まだまだ、会場に向かうバス停に多くの人が待っているようです。
宮古島と石垣島でも同時間で同大会を開催中とのことですが宮古島で2500名、石垣島でも2500名の人々が集まったようです。

おとなしい県民が怒っています。
沖縄県外からも、多くの方々が、わざわざこの大会を成功させるため、また恒久平和を願って集まってます。

来年度から使用される予定の教科書検定では、真実が記載されなければ日本国民全体が許さないと確信しました!

1 comment to 教科書検定意見撤回県民大会

  • MAGI

    基地の重圧といい、いろんな事に我慢させられている
    沖縄・・・・・なんでも我慢すればいいっってもんじゃない

    真実は伝えるべき・・・・命ど宝の一言につきます。

    大会直前に大雨が降りましたね・・・沖縄にこういう場面では
    いつも怒りの雨か亡くなった方々の悲しみの雨がふります。